top of page
検索
  • kamiyateien

かみや庭園ブログ vol2 薬剤編


いつもお世話になっております!


横浜市都筑区の有限会社かみや庭園の広報担当でございます。


本日は助っ人(他社様のお手伝い)として、

マンションの年間管理へ同行した際のことを書きたいと思います。


今回の内容はタイトルの通りですが、

一般的な方がイメージされている植木屋の剪定ではなく「消毒」と「除草」を主に行いました。


こちらのマンションの管理人様はマンションの隅々まで丁寧に管理されている素晴らしい方で


その管理は植物に対しても行き届いており、水やり等しっかりと管理され、木々も青々しく順調に成長しておりました。



こちらの樹木は、自然樹形を大切にし樹木本来の良さを最大限に活かす選定方法で管理されており、きれいな空間に仕上がっておりました。


上記のような管理方法であれば樹木自身にも負担が少ないため、病害虫に対する耐性がつきます。


しかしながら、ここまで丁寧に管理していても「虫」というのはついてしまう可能性があります。



そこで今回は特定の虫の防虫対策ではなく、害虫と呼ばれる虫全般に効果の発揮する住友化学園芸様の「スミチオン」という薬剤を用いて樹木に塗布致しました。

ただ、防虫剤だけでは散布液が付着せず、多くが流れ落ちてしまうことがあります。


何故付着しないのかといいますと

植物や害虫体表上には水を弾くワックスや糸状の物質があり、散布液は簡単には付着しません。


そこで用いるのが展着剤です。


今回は協友アグリ様の「Y - ハッテン」という展着剤を用いました。

薬剤と、展着剤を混ぜ植物内に染み込ますことにより薬剤の効果向上、残効性の長期化(散布回数の軽減)などの効果があります!


これらの薬剤は人体に影響があるものもございます。

もし個人で塗布する際は容量用法をきちんと守って使ってくださいね!


個人でやるのはちょっと、という方は是非かみや庭園までご相談ください!




以下参考サイトです。

AGRI PICK


日本農薬株式会社

閲覧数:152回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page